脱毛サロン

ワキ脱毛をすると汗をかきやすくなるって本当?

 

脱毛を始めるときに、安くできる両ワキ脱毛から始めていく方も多いことと思います。

 

ところが、ワキの脱毛をすると、「ワキ汗が増えた…」と感じる方も多いようです。

 

また、汗が増えることによって、ニオイも気になるようになったという声も聞きます。

 

本当にワキ脱毛をすると、汗の量が増えるのでしょうか。

ワキ脱毛をして汗の量が増えるということは、実際にあるようで「脱毛後多汗症」といわれています。

 

ただし、この脱毛後多汗症の発症は一時的なもので、次第に汗の量も落ち着いていきます。

 

 

なかには、「いつまで経っても汗の量が減らない」という方もいるかもしれません。

 

ですが、それは汗の量が増えたのではなく、ワキ毛がなくなったことにより汗を感じやすくなったからと言えます。

 

 

ワキ毛があると、汗はワキ毛にからみついて時間とともに蒸発していきます。

 

しかし、毛がないと汗が直接お肌に触れてしまうので、汗を感じやすくなるのです。

 

そのため、ワキ汗の量は施術前と変わらなくても、汗がたくさん出ていると感じやすいのです。

 

 

ニオイについても同じで、汗が蒸発しないためにニオイを強く感じるようになることがあります。

 

しかし、決してワキガではないので、気にしないで大丈夫ですよ。

 

ワキ脱毛をした後に汗やニオイが気になる方は、制汗剤やワキ汗パッドなどをうまく利用して、ニオイや汗を感じにくくするといいでしょう。

 

 

このように、汗が多くなったように感じたり、ニオイが気になるようになったりするのは、ワキ毛がなくなったことによるものです。

 

そのため、どんな脱毛を受けても、同じような症状が起こります。

 

 

ワキの脱毛を受ける方は、施術後に汗を感じやすくなるということを頭に入れて、施術後に汗やニオイ対策をしっかりするようにしましょう。

 

ケアをきちんとすることが、大切ということですね。