脱毛サロン

Vラインの脱毛…どんな形にしたらいい?

 

最近全身脱毛を始める方の多くが、VIOの脱毛も一緒に行っています。

 

ただ、VIO脱毛を受けるときに考えなくてはいけないのが、Vラインの形です。

 

施術を受ける前には、必ず脱毛サロンのスタッフさんに「どのような形にされますか?」と聞かれます。

 

また、施術前の自己処理では、その形に処理してから脱毛サロンに行かなくてはいけません。

ですが、アンダーヘアはどのような形にすることがいいのかは、なかなか分からないですよね。

 

こちらでは、Vラインの形のなかでも、人気のあるものについてご紹介していくことにします。

 

 

Vラインのデザインで一番多いのが、逆三角形の形です。

 

自分で処理する前や施術前の逆三角形の形を、さらに小さくしていくというような感じです。

 

大きくVラインの形が変わるわけではないので、脱毛したという印象も少ないです。

 

 

他には、四角形や卵型があります。

 

Vラインを四角形にした場合、小さめのショーツを履いた場合でもアンダーヘアがショーツからはみ出てしまうこともないので、見た感じがきれいです。

 

卵型というのは、楕円のような形にするデザインです。

 

自然な仕上がりになり、逆三角形や四角形がイヤだという方に人気があります。

 

なお、卵型の場合には、小さめにすることできれいに仕上がるようです。

 

 

あとは、Vラインの毛を全てなくしてしまうというデザインです。

 

外国の方はすべてなくして、つるつるという方も多いんですよね。

 

日本人ではまだまだ少ないのですが、「全部毛をなくしたい!」と強く感じる方にはいいかもしれません。

 

 

ちなみに、Vラインの毛の量が多い場合には、全体に光を照射することで、毛の量を少なくすることができます。

 

照射回数は2回程度にすると、毛が全部なくなってしまうという心配もありませんし、毛も柔らかくなり自然な感じになっていきます。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

Vラインを脱毛する際のデザインの参考にしてくださいね。